2018年01月19日

(漢詩)無 題(二十二)

久遠万流即愛慈人間
奥活本心光是神在倶

久遠万流即ち愛慈。人間の
奥、本心の光が活く。
これ神とともに在るなり。


 神の愛へとながれ込む久遠のながれ、
神の愛へとながれこむすべてのながれを
かたちづくっているものは、きわみのない
愛といつくしみである。

 一人びとりの人間の奥深く、本心の光が
ともされ、我々は生かされている。これは
つまり、神が我らとともに、永遠にいて
下さるということで、我々も久遠の
ながれへと、日々この身を任せているのだ。
 愛といつくしみとをこの身におびて
いるもの。それが人なのである。
posted by wadatsumihirohime at 10:12| 祈り | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

(漢詩)無 題(二十一)

世界者宇宙人類者
創大我神乃光

世界(宇宙神)は宇宙人類は、
宇宙(大我)をつくる。
神はすなわち光。


 宇宙神は宇宙人類(霊人)とともに、
大愛という宇宙をつくられた。
 神がそのはじめから愛の光を
おかれた。神は愛なのだ。
posted by wadatsumihirohime at 10:47| 祈り | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

(漢詩)無 題(二十)

愛者光源宇宙神我等裡
点静優灯祈為廻世界

愛は宇宙の光源にして、
神我等が裡に静けく優しき
祈りの灯をともす。
祈り世界をめぐる。


愛は宇宙の生成の源である。
神は私たちの本心に静かに
やさしい祈りというともしびを
ともした。こうして、祈りの光明は
世界(宇宙)をまわっているのだ。
posted by wadatsumihirohime at 11:12| 祈り | 更新情報をチェックする