2018年06月14日

神の愛念について(7)

       (前日からの続き)
 壇上からこうやって見てますとねえ、この
世の中の色んな有様が分かる訳ですよ。
 そして、あなた方の一人一人の気持ちの
動きも分かるわけ。だから、一人一人の中へ
本当は降りていって、そうして、辛いね
苦しいねと言ってあげたいですよね。本当に
そうだよね。そうだけれども、そこに
とどまっちゃあ、肉体人間のこの限界の
ところだけに終っちゃうんですね。

 我々の生命というのは、何度も言うけれど、
本当は明るいもんだから、そこを見つめた
人間が言うんだから、これは間違いない
ですよ。私が全部引き受けたんだから、
私の方へ色んな煩いをみんな投げてくれれば
いいんです。ただ焦ったら駄目なんだね。
 私も本当に気短かで、悟る前も悟った後も
あんまりいい人間ではなかったけどさ、
やっぱり焦るんですよ。でも、焦ったら
本当に神様が光を出しにくくなるんだよね。
 そのことだけを覚えてね、そうして、
すいません色々な想いが出ますけれども、
よろしくお願いしますという気持ちで統一を
して下さいな。そうすると、こっちが
あなた方のそういうものは全部分かって
いるから、悪いようにはしませんよ。絶対に
悪いようにはしませんから、そこのところを
信じるということね、おもいではなくて、
信仰というのはね、神様が絶対に我々を
悪いようにはしないんだ。神様は絶対に
私たちを愛して下さるんだ。たとえ明日
死んでも私たちは神様の器なんだ。その為に
私たちはここにいるんだ。そういう自信を
もって祈る。祈って、動く。それは言葉だけ
じゃないんです。そういう風に一旦
思っちゃえば、あなた方の体というのは、
あなた方が自覚するしないに関わらず、
とに角、祈りで一杯になるんですよ。
 世界平和の祈りで一杯になる。あるいは、
神様という想いで一杯になってるんですよ。
あなた方にはそれは分からないけれども、
こっちから見てるとそうなんですよね。

 だから、神様の想いで一杯になって、
神様の祈りで一杯になって、神様と
呼びかける声で一杯になってるあなた方を、
本当にいいように、その場その場でね
用いて下さる。たとえ、祈りの場所にいなく
てもね、職場であっても、煩わしい人間関係
の中であっても、あなた方がふっと自分を
消して仕事に勤しむ時に、あるいは、人と
話をする時に、その相手だけじゃなくて、
まわりにも神様の光というものは及ぶん
ですね。そんなものなんです。神様と
いうのは何だかんだ言い訳をしませんよ。
 予告もしません。私だって預言をした
ことはないですよね。預言は嫌いだもの。
 預言なんかしたら、それに把われちゃって、
五井先生はああ言ったのにならないじゃ
ないか、という想いに把われるでしょ。
 だから預言しません。預言しないという
ことはね、ある意味で辛いことがある
けれども、でも、本当に神様の生命に
あなた方を導いていく為には、あなた方が
素直で明るい生命であるということを
知らせていく為には、ただただ私は無心に
祈って、あなた方に光を送る。それだけ
なんです。だから、そのことをよく覚えて、
祈りに勤しんで下さい。
        昭和63年8月26日
posted by wadatsumihirohime at 08:46| 祈り | 更新情報をチェックする