2018年07月04日

統一ということ(4)

          (前日からの続き)
 人というのはね、見える人も聞こえる人も
感じる人もいろいろあるけれども、いろいろな
能力をもってればもってる程、不自由ですよ、
逆にね。ちょっと持っちゃうとね、把われ
ちゃって、大変なことになるんだけども、
そういうものは全部、必要があるからこそ
見させる、聞こえさせるものでね。そんな
ものは、生命に全然関わりがない。永世の
生き通しの生命というものは、見えるとか
聞こえるとか、どんな才能があるかないか
とか、お金も地位も、何にも役に立たない。
 ただ素直な生命になる。それだけでしょ。
 神様に素直になる。それだけですよ。

 そこへ目指してゆくんですからね。そこが
大目的だから、そこへ向かって、我々
いろんな想いを抱いたままでいいから、
お願いしますといって統一に入っちゃうと、
いつの間にか気持ちが良くなって、何だか
訳わからなかったけど、先生の口笛にのって
気持ちよかったと。ああ良かった良かった、
それが一番いいんです。そうやっていく内に、
何だか憂さがとれる、何だか憂うつな
気持ちがちょっと明るい方へ向いていくと。
 それでいいんです。

 人間の想い煩い、業というものはね、
習慣のもんですからねえ。60年
生きてりゃあ、60年の分があるんですよ。
 前生の分から言えば、何百年の分がある
訳ね。その塵を払い落とす祈りでは
あるけれど、その想い習慣というものも
しっこいからね。だから、自分の中に、
ああ高められなかったと思えば、それが業に
なる。高められるかどうかというのは、
神様の方でちゃんとして下さるもんでしょ。
 だから、それはそれで任せておいて、
任せるというのは楽なんですよ。任せると
いうのは、こんな楽なことはないのね。
 神様に任せたら、いつ死のうが生きようが
いいんですよ。もう任せちゃったんだから、
何にも言うことないでしょ。ね、仕事の
心配もいらない。将来の心配もいらない。
 お金の心配もいらない。本当はそういう
ものなんですね。

 だけど、世の中に生きている以上、
そういう訳にいかないから、いろんな
煩いが出てくる。本当はそうですね、だから
そこを見透して、神様というのは我々を
愛して下さる。聖書にあるけど、一日の
煩いは一日で充分だ、もうあんまり
くよくよするなという、そういうイエスの
言葉があるけれど、あれと一緒なんです。
 ずっと引きずっていけば、それが業に
なるの。
 だから、業にならない内に消して
いただいてね、ああ消えてゆく姿だと
思ってね、ああ消えました、ありがとう
ございますと言って、そういうおもいで
統一をふんわりなすってらっしゃれば、
そうすれば、いつの間にかあなた方の光が
益々輝いてね、そして、自分のためにも人の
ためにもなっていく。そういう人にいつの間
にかなっていただくようになるんです。
 分かりましたね。それじゃあ。

         昭和63年8月26日
posted by wadatsumihirohime at 09:30| 祈り | 更新情報をチェックする