2018年10月06日

決して 責めてはいけない

           〇
ねたみやそねみはたしかに業想念には
ちがいないけれど、その人の魂の成長の
ために、守護霊や守護神がうんとその
気持ちを味あわせることもある。だから、
人の話をきく時は、その人その人の天命を
祈って、決して責めてはいけない。
叱ることが必要なら、自分でも
気付かない内に叱る自分が出てくる。
posted by wadatsumihirohime at 08:54| 祈り | 更新情報をチェックする