2018年07月07日

水子供養について

 (問)水子供養とか水子地蔵とか
ありますが、最近のお寺のああいうものは、
あれでも浄まるんですか。水子の形をかりた
幽界の感情霊のようなものでしょうか。



 (答)あれはなかなか浄まらないんですが、
なかなかそんなものじゃないんですが、愛念
というものはね。水子供養などが何で
成り立ってゆくかというと、ああ悪いことを
した、生まれてくるべき生命を自分が
絶っちゃったという想いでしょう。それが
ずっと自分の中にたまり過ぎちゃうと、
キリスト教の原罪みたいになって、自分を
責めることになるんだけれど。

 でも、水子というものはないんだといって、
不感性になって、何をしてもいいんだ
ということになったら、これまた人間として
失格な訳です。やっぱり思いやりというのか、
生命に対する極みのない想いというのか、
それを失ったら人間が人間でなくなる
訳ですからね。それが自分の生んだ生命を
絶っちゃった、子供達への素直な愛惜の想い
というものが、こっちから見ていると光の
波になるんですよね。神界から見ているとね。
 それは必要なんです。

 ただ、そういう親の素直なきれいな
気持ちを、この世の中で利用して儲けて
いる人はいる訳で、その人達はその人達で
又ぶつかってどこかで修行しなくては
ならないということはある訳ですから、この
世の中で繁盛しているものが必ずしも真理か
というと、そうではない。真理というものは
もっと別のところにある。そこのところは
分けて考えてあげないと。
 一所懸命そこで素直な気持ちで悪かったと
思って、どんなに商売だけのお寺にしても、
そこに祭ってもらおうと来ているお母さん達の
気持ち、家族の気持ちが本当に澄んで、光の
ようなものであれば、それはお寺を突き抜けて、
守護霊さん守護神さんの手で、ずっと高い所
まで行って清められて光になって還ってます。

 ですから、現象界と霊的なものとの世界の
結びつきというものは、全く違う世界の
有り様(よう)を示している訳で、世の中
こんな商売気だけのものが繁盛しておかしい
じゃないかといって、言ってしまうのも、
これも一刀両断過ぎるところも
あるんですよね。



posted by wadatsumihirohime at 10:54| 祈り | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

水子の霊について

 (問)水子の霊についてお聞きしたいんですが、
水子というのは菩薩行の魂なので、幽界みたいな
ものと違い、簡単に祟るというものにはならない
という話を聞いたことがありますが。
 実際に水子の霊がついている方というのは、俗に
耳にするんですが、そういうものというのは、何が
そういう形になって、何を守護の神霊達が
この本人に伝えたいのか、お伺い致します。



 (答)水子の霊というのは、前にも言いました
ように、菩薩行なんで、自分は生まれない中途で
生命を絶たれてしまうんだということを分かっ
てる訳なんです。分かっていますから、絶たれ
ちゃっても、そちらのところの子供に生まれて、
親なり家族達を栄えさせてゆく。又、こちらが
悪かったなと思って子供の霊を祈っていれば、
その光が届いて、向こうからも光が来て、両方
良くなってゆくという霊体ですけどね。

 ところが、白光でも水子供養ということで
みたま祭りの中でやりますけれど、人間という
のは、神界にも霊界にも幽界にも肉体界にも
同時に存在していると言ってるでしょう。
 幽界というのは、いろんな人間が、不調和の
想い、良くない暗い想いというのか、想いが
凝り固まって訳の分からない取りつく化物とか、
そういうものを生み出している世界、それが
幽界なんですね。
 大体水子の霊、霊障といわれているものは、
だいたいこの幽界の、人間世界の方に何か隙が
あったら取り憑いてやろうという想いなのです。
 想いというのは何処から来るかといったら、
これは神様が造ったのでもない、悪魔が造った
のでもない。人間の中の色々な不安だとか、
苛立ちとか恐怖だとか。
 はっきり言えば、人間の中で何が一番恐怖か
といったら、肉体の生命が70年80年で終わっ
ちゃったら、自分達は一体何処に行くんだろうと。
 何処から来て何処に流れて行くんだろうと。
 もしかして肉体だけで終わりだったら、こんな
不安に満ちたものはないというので、色んなものが
起きている訳ですね。この不安を解消する為に
宗教があるんですが、尚且つ家が火事になったとか、
親が死んでいっちゃったとか、子供を流産したとか、
そういうことが続いてくると、何か神様、仏様
というけれども、そんな想いになれなくて、決して
そんな良い光ばかり受けているのではなくて、光を
のみつくすような闇があるんではないかという、
そんな想いが段々ふくれていって、それが例えば、
幽界の色々な生物達の力を借りて、水子なんていう
想念の化物を生み出してしまっているんです。

 そこのところが大事なんで、守護の神霊がそれを
もって何をするかというと、守護の神霊は何も関係
ないんです。そういう想念には全く関係ないんです。
 もし関係がありとしたら、そういう不幸とみえる
出来事に対して、じゃあどんな風に生きてゆくべき
かという、一つの魂の鍛えとしての躓きの石を
わざと送っているのはありますよね。
 そういう意味で、色々な世界を見回してみて、
ああこの人にとってここが一番弱いんだな、で、
このところでちょっと不幸とみえるようなものを
置いとかないと、この人は強くなってゆかない。
 守護の神霊がそんなことを考えるのは、この世
だけの何十年の世界だけを考えているのでは
なくて、何十生何百生何千生後の、その人の天命の
入り具合、神様の懐への入り具合を考えて、
躓きの石を置く訳なんですよね。

 だから、この世の中で、不幸続きで不幸続きで
それで死んじゃったという人があって、それだけ
見れば、神様は非常に不公平だということになって、
やっぱり水子もある霊障もあるということになって
しまうことになるんですが、そういう一生を送る
ことで、その人が前生の借りを払い落として、次の
生命の世の中で、全く明るい生命になって生まれ
変わるということは、いくらでもある訳ですね。

 そういう意味で言うと、生命というのは決して
障りというものはない訳で、生命というものは
どんなに闇にみえてもお先真暗にみえても、
家の中はひっくり返って、息子と嫁がうまく
ゆかないとかですね。あるいは、色々な家族の
中でくっついて離れたとかね、子供がいうことを
聞かないとかね、そんなことも皆悩みですよね。
 別に水子だけでなくても、それだけで闇に
見えちゃう。でもそれがその人の一生というか、
何十生何千生生き通しの生命を、障りなくずっと
輝かす為に、何千年先の為に今必要なんだと。

 そういうところから見てゆかないと、生命という
ものは途方もなく大きいもんですからね。そういう
意味で言えば、水子というものは全く存在
しないんです。想念の障りだと思っている部分、
人間が不幸だと思って見れば見る程不幸の固まりに
見える。そこのところを利用して存在させられて
いるというだけの話なんです。
 ただ、守護の神霊がそういうものを置く場合には、
ただその想念を利用するんじゃなく、必ずその
抜け道というものがある。私が前に天が空いて
いるよと言ったけれど、必ず絶対に援軍が
あるんですよね。

 闇があるところには光があるから、想念という
ものは全部消えてなくなっちゃうものなんですから、
消えてゆく姿でもって見てゆけば、水子も何も粉砕
されちゃうんです。だがその辺が、どこでどう
という区切りが非常につきにくいんです。
 でも一切は全部光なんですから、全部が永遠の
生命に溶け込んでくる。その為の過程なんですから。
 それは全然心配することはない訳です。悲しむ
こともない訳です。



posted by wadatsumihirohime at 10:53| 祈り | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

問答集 序

        ──序──
                  五井 昌久
 質問にこたえるというかたちで一巻を
編んでみた。
 しかし、やはり私の説いたものは、神の
愛であり、人間の無限である。
 くわしくは内容をみられたい。
           平成2年3月31日




posted by wadatsumihirohime at 09:35| 祈り | 更新情報をチェックする