2020年05月31日

あなた方が天命を果たすまで みていて下さる

楽をしようと思ったって
時期がこない間は
楽ができない
そういう時があるんです
だけどそれは
神様が
人間を
いじめているのではなく
苦労させてる間に
すっかり
その人を
スッキリした光そのものの
からだにしてしまう
そういう
神様の
計画があるわけなんです

修行させてるんだね
どうせなら苦労させないで
とみんなおもうけど
苦労して
はじめて
その人自身が
光ってくる
愛深くなるってことが
たくさんあるんです

練れるとか
練れないとか
いうけれどね
人のいたみがわかるんでないと
まず
自分をゆるせない
自分をゆるすってのは
自分のこころのすがた
さまざまな心のすがたをみつめて
そして
それを
一度神様にかえすことです
それでまた新しいいのちをいただく

生命(いのち)というか
この世の中というものは
絶えず変化している
つねならぬものばかりですよ
だけどね
我々をはじめとして
もろもろのいのちを支えている
大生命の神様の愛はね
これはもう悠々としてかわらない
たしかにこの世はつねならぬものだらけで
そう考えるとむなしくなってくるけれど
変化幻っていうんじゃなく
むなしいっていうんじゃなく
そのつねならず動いてやまない我々の
生命が
実は
悠々たる
神のかわらざる
大生命の大河に流れ込むために
進化しつづけてるんだってことが
わかることですね

そうすると
明るくなってくるんですよ
生命は
この世だけのものじゃない
ずっと
守護霊守護神
神にみまもられて
我々は
歩いているんだということが
わかると
孤独ではなくなるんです

いつも同行二人
神様と
二人の世界になってくる
そして
神様ってのは
我々人間の
親ですから
子どもがかわいくない親がないように
神様は
人間を
愛して愛して
愛し抜いて
もうずっと
あなた方が
光一元の
すきとおったいのちになる
という
天命を果たすまで
ずっと
みていて下さるんです
だから
神様の愛というのは
これは
すごいものです
決して捨てないんだから
決して裏切らないんだから
もう最後の最後まで
一緒にいる
こんな愛はないですよ
こんなゆるしは
ありませんよね
だから
私たちは
ここんところがわかってくるにつれて
ありがとうございました
世界人類が平和でありますようにって
祈らずにはいられない
感謝しなきゃあ
いられないんです
感謝するってことが
ごく自然な
空気を吸うような
ことになってくるんです
というより
もう神界のあなたたちは
ずっと感謝しっ放しなんですけどさ

とにかく今
三界をつらぬいてこの世界に
愛と平和の光を
おろす

そのときにきているんです
歩きながら
床のなかで
いつでもどこでも
世界平和の祈りを
唱えてください
それが世界人類の
一層の進化と
浄化になるんです
おねがいしておきますよ
はい
それではどうもありがとうございました
     平成2年1月8日
posted by wadatsumihirohime at 06:23| 祈り | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

心の奥底の光を 呼び出してゆく

       〇
自分の心の奥底にある光を
よび出してゆくのが
世界平和の祈り
posted by wadatsumihirohime at 11:46| 祈り | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

何万回 くり返しても…

      〇
私は何万回でもいう
神は愛
posted by wadatsumihirohime at 07:32| 祈り | 更新情報をチェックする