2021年07月21日

生命について

生命とは、永遠の神の愛、宇宙神の
ふところ深く放たれている愛の光を
本源としたものであります。
人間は、この宇宙神から、ずっと
分かれきたった神の分生命(わけ
いのち)であるわけであります。

よく私どもが、おもいを消さなければ
消さなければ、とおもう。ね、
宗教をやっている人であれば、悪い
おもいをだしちゃいけないいけない
とおもう。

それは、そのとおりなのですけれども、
何物にも、何事にも動かされない
かがやく生命いいかえれば、本心本体
というものが我々の奥にあって、
つねに神様から愛の光をいただいて
いる。
日々瞬々に、新生しつづけているのが
生命の本体だとは、いけないいけない
とおもっている人はなかなか
おもいにくいわけです。
そこで、それでは本当の生命、私が
今申しました、かがやく本心本体という
ものを、どういうふうに体得して
ゆくのかと申しますと、それは祈りに
よって体得してゆくのであります。
祈りによるほか、本心本体を知る
術はありません。

ところが「宗教」によって良心が鋭く
なっている人たちは、自分の心の動き
というものに敏感になっておりまして、
少しでも、神様に遠い想いが出てきた
とおもうとすぐに、その気持ちだけ
ではなく、自分自身をも否定して
しまう。

これを、卑下高慢というので
あります。

実は、この人たちが、心だとおもって
いるものは、情でありまして、
本心本体というものではありません。

情にとらわれていけないとおもい、
己れを否定する。

これをも業というのであります。

人間の本心本体と申しますものは、
まことにさわりのない、自由自在な
神の光そのものなのであります。
この真実の光そのものの自己に
対面し、いのちにとけゆくために、
祈り心があり、祈りがあるので
あります。

こうした人をみちびいて参ります場合
には先ず、その人にむかって語るという
よりも、人間一般、人間の持っている
思いグセというものに対して語りかける
という気持ちで、話しかけた方が
いいのであります。
そう致しませんと、目の前の相手に
むかって枠をはめることになり、
それは、生命が本来持っている自在さ、
本心本体を照らしている光明から
離れる結果となるからであります。

そうして、人間というものは、
気持ちの動きを或る一瞬とらえただけ
でははかれない程不思議な深い存在
であり、第一に、生命というものに、
人が眼をむけた時、おのずと、
不思議さが、心の底から湧き上がって
参るんであります。

この、いつの間にか、おのずと、と
いうのが、神の光、いのちの流れの
極みともいうべきもので、ふんわりと、
祈りの座に共にすわるうちに、
その人は、すっきりとした心持ち
になり神の愛、いのちのすがたに
抱かれてゆくのであります。

このように、生命というものは、
実に霊妙な神のひびきを持っている
ものでありまして、生命に礼拝
するとき、我等は、しっかりと神の
もとにある自分を感じ切ることが
できるのであります。
       昭和61年10月10日
posted by wadatsumihirohime at 09:01| 祈り | 更新情報をチェックする